Googleマップの利用範囲

Googleマップは2005年から無料公開されている地図サービスですが、それまでの地図サービスとの一番の違いはWebだけではなく、スマートフォンや各種プログラムから自由に使える汎用性の高さでした。
それまでの地図サービスでは専用のSDKなどを購入して地図サービスをプログラムで利用していましたが、Javascriptなどの汎用言語ですぐに使えるAPIを公開したGoogleマップはさまざまな用途で利用されています。

Googleマップがもっともよく利用されているのがホームページやブログと言われています。



これらの媒体では地図を表示させたり、地図上にマーカーを表示させて記事内で使うことが多くなっています。

GoogleMapsAPIに関しての情報を紹介しているサイトです。

また、会社などではアクセスルートを表示さえるなどにも利用されています。

また、プログラムでは公開用のプログラムであればほぼ無料で利用でき、また、自社内などローカルでの利用でも激安で利用出来ることからさまざまなアプリケーションが開発されてきています。

NAVERまとめ情報がリニューアルしました。

便利なGoogleマップですが、地図データがゼンリンのデータであることも注目点です。

ゼンリンのデータは精細であり、更新も早いことからよく利用されてきています。

また、その地図データ以外にもストリートビューなど独自の地図データをGoogle自身が作成することで地図サービスの価値を高めてきている姿勢も評価されています。
今後もさまざまな面で医療が活発化するサービスと期待されています。